安倍元総理と統一教会の“ズブズブ癒着”に新証言 「誰が統一教会の支援を受けるかは安倍さんの一存」

国内 社会

  • ブックマーク

汚染は野党にも

 ほかにも安倍元総理の「秘蔵っ子」と呼ばれた稲田朋美元防衛相は09年と10年に統一教会系の団体のイベントで講演を行っており、菅政権で官邸を仕切っていた前官房長官の加藤勝信氏は18年に関連イベントに秘書を代理出席させたほか、同氏が代表を務める自民党支部は関連団体に会費を支払っている。

 汚染は野党にも及ぶ。国民民主党の玉木雄一郎代表は「世界日報」の元社長から計3万円の寄付を受け、前原誠司氏は統一教会系米紙「ワシントン・タイムズ」の全面意見広告に名を連ねている。

 それぞれの事務所に見解を尋ねると、細田事務所は回答ナシ。稲田事務所は、

「両集会への参加は事実です。当日はひと言挨あいさつをし、途中退席しました。講演はしていません」

 ほかの議員は、

「慶事や行事などの案内などを受けることもあり、適宜事務所で判断して対応しています」(加藤事務所)

「賛同者として名を連ねたとありますが、前原にその認識はなく、(中略)統一教会の活動には一切関わりはございません」(前原事務所)

「(寄付は)いずれも事実です」(玉木事務所)

「見破れなかったこと自体が問題」

 前出の鈴木氏が教団側の意図を解説する。

「統一教会が政治家と付き合うメリットは、内部統制の意味合いが強いと思います。信者の中には霊感商法や過度の献金などで教団に不信感を抱いている人もいる。そこで名のある政治家がメッセージを寄せれば、教団への信頼を担保することができるのです」

 政治家としては前述した“見返り”を期待してのことなのだろうが、統一教会による被害に詳しい弁護士の紀藤正樹氏は手厳しい。

「統一教会には数えきれないほどの関連団体、友好団体があり、専門家でもすべてを見分けることは難しい。そうやって自分たちの正体を隠して政治家に接近するのが、カルト宗教の手口です。そうと知らずに協力してしまった政治家もいるかもしれませんが、見破れなかったこと自体が問題です。結果的に統一教会へのお墨付きを与える格好となり、社会全体としてカルトを糾弾する状況が生まれなかったのですから」

週刊新潮 2022年8月4日号掲載

特集「底なし政界汚染 安倍元総理と『統一教会』ズブズブの深淵」より

前へ 1 2 3 次へ

[3/3ページ]

あなたの情報がスクープに!