「1万8000人」感染でWHO「緊急事態宣言」 「サル痘」を巡る疑問を専門家に訊いてみた

ドクター新潮 医療 その他

  • ブックマーク

 コロナ禍が収まりを見せない中、新たな病がまた日本に上陸した。7月25日、国内で初めて「サル痘」の感染者が確認されたのだ。サル痘は、2022年5月頃から欧米を中心に感染が拡大。WHO=世界保健機関が、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言し、警戒を呼びかけていたのだが――。...

記事全文を読む