評判ガタ落ちの生稲晃子議員 後ろ髪ひかれ隊、ソロデビューに見る生き方が今後のカギ

国内 政治

  • ブックマーク

「『ダンスが下手なうえに音痴だったので今でも恥ずかしい』と、よく言っていました。それが印象に残っています」と振り返るのは、民放キー局の関係者。誰のことを回想しているのかといえば、先の参院選で初当選した生稲晃子氏(54)だ。

 ***...

記事全文を読む