価値観のアップデートを感じるドラマ「今度生まれたら」 最大の長所は「若い世代の描き方」?

  • ブックマーク

 大手企業勤務、有能でエリート、出世頭と思ってつかまえた夫が、酒の失敗でラインから外れて早期退職。本人はのんきなもので、趣味の山歩きを楽しんでいる。細々と翻訳の仕事をしているが、日に日にケチくさくなっていく。妻の自分はわざわざ家から離れたスーパーでパート勤務し、「こんなはずじゃなかった」と後悔する。「頭のいい女は嫌われる」と思い、4年制ではなく短大へ進み、専業主婦の道を選んで生きてきたものの、70歳になって自分には何もないことに愕然とする。愚痴と後悔と責任転嫁する気満タンだが、なんだか可愛い松坂慶子主演の「今度生まれたら」の話である。...

記事全文を読む