“日本人外し”が続く韓流アイドル「1人だけ写真が変」 企業側は“差別の意図はない”

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 今や多国籍グループが珍しくなくなった韓国アイドル界では、日本人メンバーが多数活躍している。そうした中、「NCT127」の東京ドーム公演の中継で起きた日本人メンバーに対する“差別演出疑惑”をデイリー新潮は報じたが、同様の疑惑が別の女性アイドルグループでも起きているという。“差別疑惑”のある広告を掲載した企業や所属事務所に見解を問うた。

東京ドーム公演で起きた“日本人外し”

 まずは、5月28日に行われた「NCT127」の東京ドーム公演での日本人メンバーへの“差別疑惑”を振り返ろう。

 ファンが問題視したのは、WOWOWで放送された公演の生中継の映像だ。

「コンサートの最後の曲が終わると、メンバー9人がゴンドラに乗って、会場のファンに手を振ったりポーズを決めたりする演出がありました。WOWOWの中継では、メンバー1人1人のソロカットの映像が数秒ずつ流れたのですが、8人のメンバーを映したあと、日本人メンバーのユウタだけは、まるでその場にいなかったように、1人だけソロの映像が流れないまま中継が終了したんです」(中継を見たファン)

 これ以外にも、韓国の音楽番組に出演した際にユウタのソロ映像がカットされるなど、「NCT」には数々の“差別疑惑”があり、ファンは批判を続けてきた。そして、今回、日本人メンバーの扱いが問題になっている女性アイドルグループも、「NCT」と同じくSMエンタテインメント所属なのだ。

1人だけ顔にモザイク

“差別疑惑”が噴出したのは、2020年11月にデビューした韓国人2人、中国人、日本人で構成される女性4人組のaespa(エスパ)である。

「エスパは、仮想世界にメンバーそれぞれのアバターが存在するという謎めいた設定が新鮮なアイドルです。デビュー曲『Black Mamba』のミュージックビデオは、K-POPアイドルのデビュー曲の中で最速で1億回再生を突破するという記録を打ち立てました。初めての来日イベントが8月に予定されており、日本での人気もますます高まっています」(K-POPに詳しいライター)

 日本人メンバーのGISELLE(ジゼル)は、日本語でメッセージを発信することも多く、エスパの日本での人気を支えていることは間違いない。

「日本人の父親と韓国人の母親を持つジゼルは、韓国生まれ日本育ちだそうで、英語も堪能。ですが、韓国の芸能界では、日本人というだけで色々と差別されるのでしょうか……。特にひどかったのは、2020年にエスパが年末の歌番組に出演したことを報じたネット記事でした。韓国のテレビ局など複数の媒体が、収録を終えたエスパのメンバーの様子を写真付きで報じたのですが、映り込んだ一般人と同様にジゼルの顔にモザイクがかけられていました。当然、他の3人のメンバーはきちんと顔が映っています」(同)

 他にもジゼルへの“差別疑惑”がある。

「昨年末、YouTubeに公開されたミュージックビデオの撮影に密着した動画でのことです。メンバーそれぞれに、ソロのシーンのセットが組まれていたのですが、ジゼルのセットは鉄パイプがあるだけと、他のメンバーに比べてすごく質素でした。撮影現場にいた事務所の先輩歌手・BoAがそれを見て『他のメンバーは背景が派手なので、1人でも物寂しさはないけど、ジゼルは人物しか目に入らない。セットがイマイチ』と言って、監督に変更を依頼していたほどです。他にも、歌番組に出演した時に、1人だけインスタに写真が掲載されなかったことなど、疑惑を挙げればキリがありません」(同)

次ページ:日本で人気の化粧品ブランドが差別?

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]