「シン・ウルトラマン」主役を食った山本耕史、何がすごかった? 「“2.7枚目”の役で光る」

エンタメ

  • ブックマーク

 先月13日に封切られた「シン・ウルトラマン」の快進撃が続いている。観客動員はすでに260万人を超え、興行収入も40億円近いのだが、主演の斎藤工を食う勢いで観客をスクリーンに引き込んでいるのは、「メフィラス」に扮した山本耕史の“怪演”だという。

 ***...

記事全文を読む