大阪公立大「白い巨塔」で覇権争い “病巣”は「維新の下僕」理事長 附属病院トップの不在続く

国内 社会

  • ブックマーク

人事壟断

「日本維新の会」が府と市の二重行政打破をお題目に掲げた「都構想」。その一環として、大阪府立大と大阪市立大が統合し、今年4月、大阪公立大学が開学した。華々しい幕開けを迎えたにもかかわらず、附属病院の病院長不在という異常事態に陥っている。その裏には、小説『白い巨塔』さながらの覇権争いがあった。

 ***...

記事全文を読む