〈鎌倉殿の13人〉気鬱に悩まされ、ニ十歳で病死 父・頼朝に翻弄され続けた「大姫」の実像とは

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 放送開始から約半年が過ぎたNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。前回23話では曾我兄弟の仇討ち(1193年)が描かれた。すると近づいてくるのが、南沙良(19)が演じている大姫の死(1197年)。大泉洋(49)扮する源頼朝の第1子である。史書を基に大姫の実像に迫りたい。...

記事全文を読む