吉田輝星、聖地・甲子園でなぜいま先発? 中継ぎ専念に向けビッグボスの深い思惑

スポーツ 野球

  • ブックマーク

失投ではない直球を被弾

 日本ハムの吉田輝星投手が6月5日の阪神戦で、プロ入り後初めて甲子園球場での公式戦マウンドに立った。4年前の夏の全国高校野球選手権、秋田・金足農高の主戦として「金農旋風」で一世を風靡した。野球人生を変えた「聖地」は21歳の右腕の現在地を浮き彫りにした。【津浦集/スポーツライター】

 ***...

記事全文を読む