生稲晃子、連続赤字企業の社外取締役に 「プロの経営者でも再建は容易ではない」

国内 社会

  • ブックマーク

 昨年から上場企業すべてに義務付けられているのが「社外取締役」の設置である。社内的な利害にとらわれない人材が役員会に必要であることから制度化されたが、そんななか注目を浴びているのがタレントらの役員就任だ。...

記事全文を読む