旧皇族筆頭「伏見宮家」当主が「薬機法違反疑惑」ビジネスの広告塔に

国内 社会

  • ブックマーク

薬機法違反疑惑

 皇位継承に関する議論が本格化する中で、旧皇族の皇籍復帰案も検討が進められている。そんな折も折、旧宮家である伏見宮家の当主が特別顧問を務める企業に薬機法違反疑惑が。場合によっては旧皇族への信頼を揺るがしかねない疑惑とは──。

 ***

 伏見宮家は戦後、皇籍離脱した11宮家の宗家、つまり正嫡の一門である。天皇陛下の三従伯父(みいとこおじ)でもあり、御年90歳の伏見博明氏は、まさに旧皇族の筆頭にほかならない。そんな博明氏に、最近思いもよらぬ難事が持ち上がっている。

「博明氏はPM-Japan(以下、PM)という会社の特別顧問を務めている。PMはマルチ商法を展開し、会員が薬機法(旧薬事法)に違反している疑いがあるのです」(皇室ジャーナリスト)

 会社の関係者が言う。

「PMの主力商材は8種類のビタミンを配合した粉末。知り合いを会員にし、商品を買ってもらうと1人当たり、10~25%のロイヤルティーが入る仕組み」

 さらに、宣伝手法の問題についてもこう明かす。

「美容系のインフルエンサーがインスタなどで、商品名をぼかしつつ、“アレルギー体質だったのに花粉症が全くなくなり、じんましんもほとんど出なくなった”と宣伝したりしています。別の悪質な事例では、“発達障害児童の99.99%が改善”などと謳うケースもあり、我々の間でも問題視されています」

「そんなのわかんねえよ」

 そんなPMのイベントに積極的に参加している博明氏は、その広告塔的な位置付けであるといえる。

 薬機法に詳しい森大輔法律事務所の岡井裕夢弁護士もこう指摘する。

「ビタミン剤などの健康食品が医薬品等としての承認を得ていないにもかかわらず、疾病の治療や予防の効果を広告することは未承認医薬品の広告等に該当し、薬機法違反となる恐れもあります」

 そこで、博明氏に直接話を伺ったところ「代表に聞いてよ」と言うばかり。

「(代表とは)長い関係。(顧問料の授受については)そんなのわかんねえよ」

 一方、PMは博明氏が特別顧問であることは認めたうえで、マルチ商法であることは否定。薬機法違反疑惑については〈マルチ商法と言われる、一部の悪質業者と異なり、当社は特定商取引法、薬機法等の関連法令の遵守を行っています〉との回答が返ってきた。6月2日発売の「週刊新潮」では、皇籍復帰の議論にも影響を与えかねないこの問題を詳報する。