「有吉の壁」で活躍中… 日本一のコント職人「シソンヌ」が再評価される理由

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 長谷川忍とじろうの2人からなるお笑いコンビ・シソンヌは、実力派のコント芸人として若手の頃から業界内では高く評価されてきた。特に、じろうが演じるかわいげのある中年女性や社会不適合者っぽい高齢男性のキャラクター造形は絶品だった。

 しかし、見た目や芸風がやや地味だったこともあり、伸び悩んでいる時期が長かった。2014年にはコント日本一を決める「キングオブコント」で優勝を果たしたが、その後もテレビにはなかなか出られなかった。

 だが、最近になって、じわじわと仕事が増えてきている。役者としての評価が高まり、NHKの朝ドラや大河ドラマを含む数々のドラマに出演を果たした。また、テレビ業界全体でコント要素の多いバラエティ番組が増えてきたため、そういうところで彼らが起用される機会も多くなっている。

 中でも特筆すべきは日本テレビの人気番組「有吉の壁」での活躍である。彼らはレギュラーで出演しており、ロケ現場やスタジオでコント仕立てのパフォーマンスを披露している。

「有吉の壁」に出る芸人の中には、とにかく明るい安村やパンサーの尾形貴弘のように人間味で勝負する「情念型」と、精巧にパッケージングされたネタを見せる「作品型」がいるが、シソンヌは後者に属する。この番組は変則的な形のコント番組であるため、彼らがのびのびと本来の実力を発揮できる。

 シソンヌのコント芸人としての強みは、演技力の高さと引き出しの多さである。クセのある人物を演じるじろうに対して、長谷川忍は安定感のある落ち着いたトーンのツッコミを繰り出す。どちらも演技が上手いので、見る側が違和感なくコントの世界に入り込める。

 また、細かい動きや表情で楽しませる演技重視のコントもあれば、単に設定がバカバカしいコントもある。ネタのバリエーションが豊富で飽きさせない。

次ページ:実は器用な長谷川

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]