「ダチョウ倶楽部」秘話 天下取りを夢見た「伝説の冠番組」と計算し尽くされた「おでん芸」

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんが亡くなった。61歳だった。リーダーでツッコミ担当の肥後克広(59)、ダメ出し(説教)担当の寺門ジモン(59)、そして、ボケ担当の上島……リアクション芸やギャグ、それを繰り返し見せられることでなんだか面白くなってくる、他に類を見ないお笑いトリオだった。彼らを知るテレビマンに聞いた。

 ***

 ダチョウ倶楽部がその名を知らしめたのは、やはり「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」(日本テレビ)だと、民放幹部は言う。

「コントグループとして注目された時期もありましたが、同期と見なされるとんねるずやダウンタウン、ウッチャンナンチャンらと比べると、どうしても地味でした。そんな彼らが注目されたのが、『お笑いウルトラクイズ』で見せたリアクション芸でした。大の大人が時間と大金をかけて全力でバカをやった番組で、決まって彼らは過酷な罰ゲームが待っているほうへと行き、『聞いてないよぉ』と言いつつ壮絶なリアクションを見せました」

 上島さん単独でも注目された。

「第7回(91年9月30日)の放送では、ドッキリが仕掛けられる『人間性クイズ』に上島さんが単独で登場。“チャンバラトリオ結城哲也はSMがお好き”というテーマで、大先輩の結城師匠から迫られていた上島さんが途中から逆襲して立場は逆転。仕掛け人だったはずの結城師匠が怯えた顔で、『お前、ホンマもんちゃうか?』の名言を引き出し、優勝しました」

 たけしの「スーパージョッキー」(日テレ)での“熱湯風呂”とともに、彼らのリアクション芸はここからスタートしたと言っていい。

ゴールデン冠番組

「当時、同じ太田プロ所属だったたけしさんからの引き合いもあったのでしょうが、『お笑いウルトラクイズ』や『スーパージョッキー』で頭角を現した彼らが、リアクションに収まらず、天下獲りの夢を見た一瞬がありました。93年10月にスタートした初のゴールデン冠番組『王道バラエティ つかみはOK!』(TBS)です」

 初回のラテ欄を見てみよう。

《[新]王道バラエティつかみはOK! ドリフに捧ぐ!!堺ア然大ウソ西遊記▽ダチョウ絶叫!!愛車大爆破》(93年10月13日)

「初回の視聴率は9・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、世帯:以下同)、今の時代なら十分合格点と言えるでしょう。リーダー肥後さんの愛車ビュイックを破壊するなど、当時ならではのバラエティ番組でした。しかし、ウラ番組には逸見政孝さんの司会で大人気だった『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』(日テレ)があり、この日は2時間スペシャルで対抗した結果、視聴率はなんと24・8%でした」

 そこで翌週にゲストで迎えたのがビートたけしだった。

次ページ:志村けんとの出会い

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]