実は守りに強いが攻めには弱いロシア軍 ウクライナ侵攻でも大量の自国兵が死亡する根拠

国際

  • ブックマーク

 1812年ロシア戦役でロシア帝国はフランス連合軍を撃退した。連合軍を率いていたのはナポレオン・ボナパルト(1769〜1821)。当時のナポレオン1世だった。

 ***...

記事全文を読む