メジャー労使協定妥結で大谷翔平に朗報 1週間延期していたら大損害

スポーツ 野球

  • ブックマーク

 大リーグの労使交渉が妥結した。我らが大谷翔平(27)にとってはまたとない朗報である。

「当初4月1日の予定だった開幕は8日に延期。交渉が難航してさらに1週間延期されていたら、大谷は大損害を被るところでした」

 と語る大リーグ研究家の友成那智氏によると、

「登録日数不足で2023年オフに取得予定のFA権が1年遅れる恐れがあったのです。そうなると、30歳を過ぎてからのFAになり、市場価値がガクンと下がってしまう。“8年総額3億ドル”ともささやかれる大型契約が7年または6年に短縮され、脂が乗った20代が含まれないために、1年あたりの額も下がっていたことでしょう」

 本人はカネに無頓着そうだが、高額契約を期待してしまうファンとしては、一安心といったところだ。

今季からは打席数が増える

 朗報はまだある。ナ・リーグがDH制導入を正式決定したのだ。大谷は元々DH制であるア・リーグのエンゼルス所属だが、大手紙大リーグ担当記者によると、

「DH制でないためスタメンを外れていたアウェーの交流戦でも、今季からはスタメンで出られるようになります。つまり打席数が増えるんです」

 昨季はライバルより70ほど少ない打数で本塁打王を争った大谷だったが、今季はこのハンデが多少解消されそうだ。さらに、

「“40本塁打40盗塁”、いわゆるフォーティ・フォーティも目指してほしい」

 と先の記者。昨季の大谷は、46本塁打を放っただけでなく、盗塁も26個決めた。

「日本より試合数の多い大リーグでは、“3割30本塁打30盗塁”のトリプルスリーより珍重されます。昨季の大谷はシーズン前半に本塁打を量産しましたが、今季はいっそう警戒が厳しくなって四球が増えそう。そうなると、本塁打のチャンスは減りますが、盗塁のチャンスは増えます」(同)

 今季はマウンド、打席だけでなく、塁上の大谷からも目が離せなくなりそうだ。

 もっとも、

「キャンプやオープン戦の日程がずれこんだのは心配のタネ。二刀流の大谷は普通の選手以上に、開幕前にやることが多いですから」

週刊新潮 2022年3月24日号掲載