NHK「ロシア語番組」終了の波紋 「最悪のタイミング」とロシア語教育の第一人者は怒り心頭

国際

  • ブックマーク

 ロシアのウクライナへの軍事侵攻からおよそ3週間が経つが、いまだ終結の兆しは見られない。そうした中、Eテレ(NHK)で放送中のロシア語講座「ロシアゴスキー」が3月で放送終了することが分かり、「プーチンのウクライナ攻撃の影響か」との憶測が飛び交った。実際には、侵攻以前から番組終了が決定していたとのことだが、プーチン大統領の暴挙は日本でのロシア語教育、ひいてはロシア研究に「致命的な打撃になる」とロシア語教育の第一人者の黒岩幸子教授は語る。(粟野仁雄/ジャーナリスト)...

記事全文を読む