高齢者はコロナより肺炎に注意すべき? 外出自粛より重要な対策とは

国内 社会

  • ブックマーク

 コロナ死者が減らないが、その平均年齢は80代半ばで、持病がある人が体力を失うケースが多い。目立つのは肺炎である。だが、これまでも冬は風邪やインフルエンザをこじらせ肺炎で亡くなる人は多かった。いまや高齢者にとって怖いのはコロナより肺炎である。

 ***...

記事全文を読む