【鎌倉殿の13人】べらんめえ調でアウトロー臭も…異彩を放つ佐藤浩市で思い出す名優

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 好調が続くNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は群像劇だ。脚本を書いている三谷幸喜氏(60)が繰り返しそう説明している。なので、登場人物の一人ひとりに光が当てられているが、佐藤浩市(61)が演じる上総広常の存在感は際立っている。性格俳優という言葉が似合った父親の故・三國連太郎さんとますます似てきた。

 ***...

記事全文を読む

Advertisement