プーチンがウクライナの原発制圧を進める「本当の狙い」 ザポリージャ原発の次に狙われるのは?

国際

  • ブックマーク

 3月4日、ロシア軍はウクライナ南東部エネルゴダールにある世界で3番目、欧州最大のザポリージャ原子力発電所を戦車で砲撃、敷地脇の研修施設で火災が起きた。ウクライナ当局は、ロシア軍がこの原発を制圧したことを発表。IAEA(国際原子力機関)によれば、火災は収まり、重要施設は無事で放射線漏れなどは起きていない。破滅的な事態には至っていないものの、稼働中の原発を砲撃するとは、一体、プーチン大統領は何を考えているのか。(粟野仁雄/ジャーナリスト)

 ***...

記事全文を読む