渋谷凪咲はバラエティ界のタスマニアデビル 近藤春菜も彼女の「大喜利理論」に感心

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 お笑い芸人を格闘家にたとえると、筋肉にあたるのが大喜利の能力ではないかと思う。実際の格闘技の試合では、筋肉量が多ければ必ずしも勝てるというものではないが、筋肉のある人は無条件に一目置かれるようなところがある。

 バカリズム、千原ジュニア、川島明など、大喜利の腕がある芸人は、芸人たちの間でも特別な尊敬の対象として見られている。大喜利では芸人としての純粋な発想力や思考力が試されるので、そこで結果を出せる人が本当の意味で実力のある芸人だとされている。

 大喜利でお題に合わせて面白い答えを考えるのは、笑いの基礎体力をつけるための訓練になる。大喜利に真剣に取り組むというのは、芸人にとって筋トレのようなものだ。鍛えれば鍛えるほど筋肉は肥大していき、がっちりしたたくましい体になっていく。

 そんなわけで、「大喜利」とは芸人にとって特別な意味を持つものだ。芸人が誰かに対して「大喜利力が高い」と評価したとしたら、それは手放しで最大級の賛辞を送っていることになる。

 NMB48の渋谷凪咲は、その意味で特別な存在である。彼女は2021年3月放送の「アメトーーク!」で麒麟の川島明に「大喜利が面白い」と紹介された。この時点ではまだ渋谷の全国的な知名度はそれほど高くなかったのだが、その頃からどんどん全国ネットの番組に出るようになっていった。

 もともと彼女は大阪を拠点にして活動しており、関西ローカル番組で芸人と共演する機会も多かった。かまいたち、見取り図、ダイアンなどの人気芸人ともその頃から親しい関係にある。共演する芸人たちは誰もが渋谷の実力を認めていた。

 昨年あたりから全国ネットのバラエティ番組に出る機会も増えていて、2021年10月には初の冠番組「~凪咲と芸人~マッチング」も始まった。この番組では、渋谷がさまざまな芸人をゲストに迎えて、東京での相棒を探すというのがコンセプトになっている。

次ページ:渋谷の大喜利、「リアルとフェイクの狭間」の妙

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]