あさま山荘事件50年 テレビ中継は合計視聴率90%! 元日テレアナウンサーが振り返る“極寒の現場”

国内 社会

  • ブックマーク

 2月19日で、あさま山荘事件が発生してから50年となる。警察から追われていた極左集団「連合赤軍」のメンバー5人が、長野県軽井沢町にある河合楽器の保養所・浅間山荘に乱入。管理人の妻を人質に取って籠城し、警察と銃撃戦を繰り広げた。

 ***

 警察と連合赤軍の攻防は10日間続いたが、2月28日に警察が強行突入し、犯人5人は逮捕された。

 この28日の様子は、NHKと民放各局が生中継を行い、国民に大きな衝撃を与えた。ビデオリサーチの調査によると、午前9時40分から午後8時20分まで続いたNHKの報道特別番組は、平均視聴率(関東地区、世帯、以下同)が50・8%に達した。

 ビデオリサーチは公式サイトに、「視聴率調査開始(1962年12月3日)からの全局高世帯視聴率番組50【関東地区】」を紹介している。

 これによると、大半は歌番組とドラマ、スポーツ中継だ。ランクインした報道番組は、50番組のうち5番組に過ぎない。

 視聴率順に並べると以下のようになる。放送局は全てNHK総合のため割愛した。

【9位】ついに帰らなかった吉展ちゃん=1965年7月5日7:35~8:00=59・0%
【25位】ニュース(吉展ちゃん事件)=1965年7月5日8:00~8:15=53・6%
【36位】ニュース(連合赤軍・浅間山荘事件)=1972年2月28日9:40~20:20=50・8%
【40位】田中総理中国へ=1972年9月25日7:35~8:30=50・6%
【45位】ニュース・天気予報(台風18号関連)=1982年9月12日19:00~19:20=50・0%

 これだけでも現代では考えられない数字だが、あさま山荘事件の場合は、NHKと民放各局が生中継を行った。全局の視聴率を足すと、何と89・7%。国民の全員が見ていたと言っても過言ではないだろう。

次ページ:報道担当のアナ

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]