「阪神・矢野監督」キャンプイン前日に退任表明、球団が頭を抱えた「サイン盗み問題に言及」で炎上事件

スポーツ 野球

  • ブックマーク

Advertisement

俺自身が退路を決めることで

 衝撃が走った。阪神の矢野燿大監督がキャンプイン前日の1月31日、ミーティングで選手、首脳陣、スタッフらに今季限りでの退任を表明。ミーティング終了後、報道陣に応じたオンライン取材で「俺の中で今シーズンをもって監督は退任しようと思っているんで」と突然切り出し、自らの重大決意を告白した。その真意を推し量ると共に、昨年話題となった「サイン盗み問題」に監督が改めて言及したことで起こった余波について触れる。

 矢野監督は冒頭の言葉の後、こう明かした。

「選手たちに伝えて……伝えたからといって選手にどうして欲しいとか、そういうことではないけれど……俺も選手たちに“後悔のない野球人生を歩んでもらいたい”“昨日の自分を超えて欲しい”と言っている中で、俺自身が退路を決めることで、監督としての挨拶も今日が最後だなと思って、気持ちを込めて話をさせてもらった」

 その後も「来年は監督という立場でここに来ているということはないんだなという気持ちをもって、挑戦していきたい。それがチームのためにも選手のためにも、申し訳ないけど俺のためにもなるのかなという決断で、決めたことだったんで。そういうふうに伝えさせてもらいました」とのことだった。

前科のある「まさか」

 独特の言い回しはいつもと変わらないものの、今季限りでの退任を選手に伝えた際には「こみ上げてくるものもあった」ようだ。

 キャンプイン前日に指揮官が退任表明するのは異例中の異例である。

 3年契約最終年の昨シーズンは勝率僅かの差でリーグ優勝を逃して2位に終わったものの球団側からは続投要請を受けた。今オフに1年契約を締結したが「何が一番チームにとっても、選手にとっても良いのかなという中で、そういう決断にシーズン終わって……決めた」と述べたように、すでに腹を固めていたようだ。

 ただ、球団側は寝耳に水だったようである。

 もちろん指揮官がキャンプ前日のミーティングで選手たちへ重大決意を打ち明ける前に、あらかじめ球団幹部らは本人から胸の内に秘めた意思を伝えられていたとはいえ「まさか、このタイミングで公にしてしまうとは誰も想像していなかった」(球団関係者)という。

 もっとも、「まさか、このタイミングで」というサプライズは今回ばかりではない。矢野監督は1月19日にも“舌禍”で同じように球団側を慌てさせる一幕があった。リモート形式で同日行われた12球団監督会議に出席した矢野監督は終了後、球団事務所で報道陣の取材に対応し、“フェアプレー”について熱っぽく語り始めたのだ。

次ページ:絶対にやってないです

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]