介護需要急増時代を乗り切る「ケアテック」最前線

国際

  • ブックマーク

2040年には、今よりさらに69万人の介護職員が必要に

 2021年の日本の高齢者人口は3640万人。高齢者人口率は29.1%となった。日本の100歳以上の高齢者人口は8万6510人となり、2020年より6060人増加した。他方で、生産年齢人口比は59.4%で、1995年をピークとして年々減少の一途を辿っている。さらに日本の出生数は2016年以降、年3.5%の減少率で、2021年の出生数は約81万人。日本は少子高齢化、そして、日本人は長寿化している。

 高齢者が増え、長寿化が進めば、介護を必要とする人口も増えていく。...

記事全文を読む