立民のネットメディアへの1500万円提供 背景に“活動家”の仲介業者が

国内 政治

  • ブックマーク

 新年早々、立憲民主党が揺れている。ネット番組の配信などを行う「Choose Life Project」(CLP)が、2020年3月から約半年間にわたりおよそ1500万円もの制作費を立民から受け取っていたことが発覚。CLPに出演していたジャーナリストらが1月5日に抗議声明を発表したのだ。...

記事全文を読む