10年続けば長寿番組…今年14年目に突入 TBS「ひるおび!」の視聴率がひそかに低迷中

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 TBSの情報番組「ひるおび!」(平日・10:25~13:55)がスタートしたのは2009年3月。今年3月で満13年を迎え、長寿番組と言っていいだろう。だが、最近は視聴率が低迷しているという。

 ***

 民放キー局の関係者が言う。

「業界でTBSと言えば、安住紳一郎アナ(48)の『THE TIME,』(平日・5:20~8:00)が不振という話題に注目が集まっています。その陰に隠れる格好ですが、最近の『ひるおび!』も精彩を欠いています。例えば1月12日放送分は、個人視聴率が2・2%、世帯が4・2%、コアに至っては0・8%という数字でした。これはかなり悪いと言わざるを得ません」(註:視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)

「ひるおび!」の視聴率は昨年から低落傾向を示し、年間視聴率1位の座はテレビ朝日の「大下容子ワイド!スクランブル」(平日・10:25~13:00)に奪われてしまった。

「率直に言って、そんなに特徴のない番組ですからね。これまでの人気も、視聴者から積極的に支持されていたわけではありません。『他に見る番組がない』という理由で視聴していた人が多いように思います。他局のライバル番組がどのように推移したかを振り返れば、『ひるおび!』の人気と凋落の理由が見えてきます」(同・関係者)

スタート時は苦戦

「ひるおび!」が始まった2009年3月に、日本テレビは「おもいッきりDON!」(09~10年・平日・10:25~11:25、11:55~13:55)をスタートさせた。

「『おもいッきりDON!』は1年で『PON!』(10:25~11:30)と『DON!』(11:55~13:55)にリニューアルされたこともあり、短命番組と記憶している視聴者もいるかもしれません。しかしながら、『おもいッきりDON!』の視聴率は『ひるおび!』より良かったのです」(同・関係者)

「ひるおび!」に追い風が吹き始めたのは2011年。

「日テレが『ヒルナンデス!』(平日・11:55~13:55)に改変すると、最初は『おもいッきりDON!」』より視聴率が下がってしまいました。更に当時、『笑っていいとも!』(フジテレビ系列・1982~2014年・12:00~13:00)の勢いが落ちてきたことも大きかったでしょう。テレ朝は大和田獏さん(71)と大下容子アナ(51)の『ワイド!スクランブル』でしたが、こちらも苦戦していました。こうした状況の中、まさに“消去法”で選ばれた『ひるおび!』が、視聴率を伸ばし始めたのです」(同・関係者)

次ページ:人気の理由

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]