ドイツが「トリアージでの障害者差別禁止」法制化へ:ナチスの罪を繰り返さぬ決意

国際

  • ブックマーク

 オミクロン変異株のために、世界中で新型コロナウイルス感染者が急激に増えている。こうした中、ドイツ連邦憲法裁判所(BVerfG)は最近下した判決で、医療逼迫によりトリアージを行う際に、身体障害者の差別を防ぐよう政府に命じた。

集中治療を後回しにされるリスク

 去年12月28日にBVerfGが下した判決は、欧州の医療関係者、保健政策担当者たちから注目された。原告はドイツに住む9人の重度障害者たち。彼らは、「将来、コロナ感染者が急増して集中治療室(ICU)のベッド不足のためにトリアージが行われる場合、我々は障害を理由に治療を後回しにされる危険がある」と指摘。...

記事全文を読む