浜口京子はなぜ今ブレークした? 「真面目さ」「不慣れさ」が評価される時代に

エンタメ

  • ブックマーク

利他の心が見えるストイックな姿勢 競技者としての自意識と乙女心のバランス感覚

 アスリートが結果を残すことができるのは、努力や才能以上に気の強さによるところも大きい。タレントになっても、事あるごとに「負けたくない」と語り、企画やトークでも爪痕を残そうと振る舞う女性アスリートは多い。

 しかし京子さんは、誰かに勝とうという意識があまり見えないのだ。自分のことでいっぱいいっぱいな時さえある。でも誰もないがしろにしないし、かといってお客さん然ともしない。有吉さんの番組ではよく一本締めをやっているが、皆さんの健康や繁栄を祈念して、とくり返し声を張り上げている。

 おそらく彼女にタレントという自覚はないのだろう。素人だからこそ、相手を立てようと動いているのではないだろうか。有吉さんによれば、職業欄には「競技者」と書いているそうだ。新年早々トレーニングに励み、Twitterでもストイックな宣言がつづられている。やっぱり真面目だなと思う。

 恋愛話には頬を染め、乙女な一面を見せることも多い京子さん。よく吉田さんが好きなアイドルとの共演に声をあげて喜び、結婚願望を口にしていたが、それに比べると控えめだ。競技者ゆえの自制心 かはわからない。ただ阿佐ヶ谷姉妹やもう中さんらのブレークにもなぞらえたが、異性の影をあまり感じさせない素朴なたたずまいも、人気の理由の一つではないだろうか。

 危なっかしさと健気さで、新バラエティー女王に王手がかかる京子さん。お父様譲りの「気合い」で、今年も爆笑エピソードを生み出し続けてほしい。

冨士海ネコ

デイリー新潮編集部

前へ 1 2 3 次へ

[3/3ページ]