納棺師が忘れられない「最後のお風呂」 妻と娘に洗い清められ旅立った40代男性

国内 社会

2021年12月29日

  • ブックマーク

 映画「おくりびと」で広く知られるようになった納棺師。亡くなった方の身体を整え、お化粧を施し、納棺の前に身支度を整えるのが主な仕事です。

 これまで4千人以上の死のお見送りに携わった納棺師の大森あきこさんがご遺族に寄り添ってきた体験をまとめた『最後に「ありがとう」と言えたなら』は、ご遺体との最後の時間を心残りなく過ごしてほしいという願いから執筆したという。その一部を抜粋し、ベテラン納棺師が涙した実話をお届けします。

***...

記事全文を読む