町工場で実践した「意識改革」と「生産性向上」――諏訪貴子(ダイヤ精機代表取締役)【佐藤優の頂上対決】

  • ブックマーク

 創業者である父の急死によって、突然、総勢27名の町工場の社長となった32歳の主婦。彼女はいかにその赤字会社を立て直し、成長に導いたのか。リストラ、従業員の再教育、そして新シムテムの導入などで効率化を成し遂げ、テレビドラマにもなった「町工場の娘」の奮励努力の軌跡。

 ***...

記事全文を読む