夫の白骨遺体を井戸に隠した「年金不正受給」妻の凄絶人生 障害を抱える息子を養育しながら一人で生活費を工面

国内 社会

  • ブックマーク

 齢を重ねれば、いずれどちらかを看取ることになるのは夫婦の宿命だが、夫の遺体を井戸に放置した妻の心境はどうだったか。少なくともこの10年間、夫の年金が支給されていたことから、事件を扱う新聞記事は「年金不正受給」だと短く報じるだけだが、彼女をそうまでさせた心の深層へ降りてみると……。

 ***

 12月1日、徳島県警は年金を不正に受け取った詐欺容疑で山田民子容疑者(73)を逮捕した。先月、徳島県藍住町にある山田容疑者の自宅から男性の遺体が発見されたが、県警は一つ年上の夫、啓夫(よしお)さんだと特定できたことで、彼女が死亡届を出さずに月7万円ほどの夫の年金をだまし取っていたとして逮捕したのだ。死体遺棄にかかわった可能性もあり、今後も捜査を続けるという。

 改めて所轄の徳島板野署に事件の概要を尋ねると、

「町役場から“この5年間、啓夫さんが病院を受診した記録がなく、職員が訪問をしても奥さんが会わせてくれない”という通報がありましてね。安否確認のため、捜査員が山田容疑者の自宅敷地内を調べたところ、水のたまった深さ5メートルほどの井戸の底に、白骨化した遺体が沈んでいるのを発見しました」

 機動隊員が網ですくい回収したが、頭蓋骨などの骨は原形をとどめないほどバラバラになり、DNA鑑定でようやく身元を割り出すに至ったそうだ。遺体の状態から啓夫さんは死後数年が経っているものとみられ、死因の特定は困難をきわめるが、山田容疑者は夫が亡くなっていたことについての認識はハッキリ持っているという。

 亡くなった啓夫さんの曾祖父は村長を務めていたほどの名士で、山田家は戦前から続く大地主だった。実際、規制線の張られた現場の家は、立派な屋敷門がそびえ立ち、高い石垣と漆喰の外壁に囲まれている。

「武家屋敷みたいに立派な壁だけど、これは10年くらい前に民子さんが古くなったブロック塀を壊して作り直したものだよ」

 と明かすのは、近隣に住む60代の男性だ。

「ちょうどその辺りだよな。彼女は町内の清掃活動だとかに一切顔を出さなくなって、旦那さんの姿も見かけなくなった。高い塀で周囲を遠ざけ、夫が亡くなったことを隠そうとしていたのかもしれないね」

次ページ:「気の強い女性」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]