急激な「脱炭素」が招く原油価格高騰の危機 大産油国「サウジアラビア」からの警告

国際

2021年12月17日

  • ブックマーク

 米WTI原油先物価格はこのところ1バレル=70ドル台前半で推移している。

 10月下旬には85ドルまで上昇し、米国や日本で「ガソリン価格の高騰」が政治問題化しつつあったが、その後10ドル以上も下落している。...

記事全文を読む