球史に残る3つの「大失敗トレード」…巨人は1イニングで“8000万円超”という桁外れの大損

スポーツ 野球

  • ブックマーク

 トレードはチームの弱点を補うとともに、“新たな血”の導入によってチームに刺激をもたらす効用もあるが、時には思惑が外れ、大失敗に終わることもある。ましてや、獲得した選手が期待どおり働かなかったのに、放出した選手が移籍先で大活躍するという皮肉なめぐり合わせは、ファンにとっても痛恨の極みだ。戦力アップを狙ったはずが、金銭的にも戦力的にも“大赤字”。そんな球史に残る大失敗トレードを振り返ってみよう。【久保田龍雄/ライター】...

記事全文を読む