愛国と忠誠のシンボルに? 習近平夫人の「政治嗜好」

国際

  • ブックマーク

習近平外交を補完する役割

 先の第19期中央委員会第6回全体会議(六中全会)では、共産党史上で3回目の「歴史決議」が採択され、習近平国家主席の政権3期目がほぼ決定したと伝えられる。 

 六中全会最終日の11月11日には、しばらくメディアを賑わすことがなかった習国家主席夫人の彭麗媛氏が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の機関誌『Courier』のインタビューに答え、こう語っている。

「貧困撲滅とジェンダー平等の実現は人類共通の理想であり、全世界女性の共通の願いだ。...

記事全文を読む