日本企業の“加齢問題”とは? なぜ米国企業は“年を取らない”のか

  • ブックマーク

「野生化」するイノベーションにどう向き合えばいいか――清水洋(早稲田大学商学学術院教授)【佐藤優の頂上対決】

 長らく停滞の続く日本経済にあって、どの企業も躍起になって取り組んでいるのが、イノベーションの創出である。それには確実な方法がないものの、起こしやすい環境はわかっている。典型はヒト・モノ・カネの流動性が高い米国社会だ。「米国企業は、日本企業に比べて、年を取っても稼ぐ力が衰えない」と、早稲田大学教授の清水洋さんは指摘する。ただし、日本がそれを単純に真似すればいいわけではないというから、一筋縄ではいかない話である。

 ***...

記事全文を読む