インバウンド不況で店舗減 「ラオックス」が始めたアジア食品店の意外なターゲット

ビジネス 企業・業界

  • ブックマーク

 2009年に中国企業の傘下に入った「ラオックス」は、家電量販店から訪日外国人向け免税店へとシフトし、一時はインバウンド特需を象徴する存在となった。ところが折からのコロナ禍によって、店舗の休業・閉店が相次ぐ事態となっている。そんな同社が始める「アジア食品専門店」は果たして吉と出るのか。マーケティングアナリストの渡辺広明氏が取材した。

 ***...

記事全文を読む