藤井聡太が早くも4冠  熱戦を終わらせてしまった豊島前竜王の「敗着」

国内 社会 2021年11月21日

  • ブックマーク

 1996年2月、羽生善治九段(51)が、当時の谷川浩司九段(59)から王将位を奪い、七冠全冠を同時制覇した。その時の対局場が山口県豊浦町(現下関市)で、既に撤去されたという建物跡に記念碑が建てられている。同じ山口県の宇部市で秋晴れの11月13日、若武者藤井聡太が羽生の持っていた22歳9か月という4冠達成時の最年少記録を大きく更新、デビューからたった5年の19歳3か月で四冠に輝いた。タイトル数は時代で違うが過去、四冠達成者は6人で快挙は28年ぶり。達成時の「年少年齢」は3位以下、中原誠(74)、谷川九段、大山康晴(故人)、米長邦雄(故人)の順。...

記事全文を読む