「ポーランド離脱」も現実味、「ポスト・メルケル」EUの動揺

国際 2021年11月18日

  • ブックマーク

 ポーランドに科せられた1日あたり1億3000万円の罰金

 EU(欧州連合)とポーランドの間の対立を決定的にしたのは、10月27日に欧州司法裁判所が下した判決だ。同裁判所は、「ポーランド政府の司法制度改革は、EUの根本原則である三権分立と司法の独立に反する」として、同国政府に対して1日あたり100万ユーロ(1億3000万円・1ユーロ=130円換算)の罰金の支払いを命じた。

 EU法は、全ての加盟国に対して司法の独立を保障することを義務付けている。だがポーランドの政権を握る右派ナショナリスト政党「法と正義(PiS)」は、2015年に憲法裁判所の権限を制約する「司法改革」に着手して以来、EUの原則に反する政策を取ってきた。...

記事全文を読む