木下都議の初登庁に議会は大混乱 議員らの“まず辞職しろ”の声を無視して控え室に“籠城”

国内 政治

  • ブックマーク

 11月9日、4カ月ぶりに都庁に姿を現した木下富美子都議(55)は、公の場で初めて一連の騒動について謝罪した。だが、それで禊が済んだと思ったのか、早速、議員活動を再開しようと委員会に出席。猛反発した議員全員が退席したため、委員会が開催できない異例の事態になってしまったのだ。その後、本人は控え室で“籠城”する始末。関係者は唖然とするばかりで……。

 ***

シュンとした様子で俯いていた木下氏

 木下氏は正午ごろに都庁に姿を現し、まず議長と副議長から長期欠席について事情を聴かれた。議長室でシュンとした顔で俯いていた彼女は、帰ってきた家出少女のようにしょげた様子。10分後、三宅茂樹議長が先に退室して、待ち受けていた約40人の記者たちの前に出てきたが、浮かない顔である。

「辞職されるべきだと申し上げましたが、ご本人からは『辞職しない』という言葉を頂きました。公人としての責任の取り方はどう考えているのかともお尋ねしましたが、『議員として活動して返していきたい』というお言葉でした……」

 “もうあの人には何を言っても無駄だ”。議長の疲れ果てた表情にはそんな諦念が滲んでいた。

 直後に、赤いワンピースに青のジャケットをまとった木下氏は報道陣の前に立った。進退について聞かれると、まずは謝罪の弁から述べ始めた。

「このたびの私の行動で本当に多くの皆様にご迷惑をおかけしてしまったこと、被害にあわれた方へのお見舞いとお詫びを申し上げさせていただきたいと思います。免許停止中に車の運転をしてしまったこと、そこで事故を起こしてしまったこと、あってはならないこと、深く、深く、反省をいたしております。今後、二度とこのようなことを繰り返すことがないよう、免許を取得せず、車等の運転はいたしません。事故時の車についてもすでに処分をいたしております。本当に、本当に、この度は大変申し訳ございませんでした」

次ページ:時折、息を荒くして苦しそうに……

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]