韓国でMRI検査中、10キロの酸素ボンベが突っ込んで患者死亡「安全で安心な韓国はどこへ?」の声

国際 韓国・北朝鮮

2021年10月28日

  • ブックマーク

一般的な消化器は置かないのが基本

 今月14日、韓国・金海(キムヘ)市の総合病院でMRI(核磁気共鳴画像診断装置)検査を受けていた60代患者が死亡した。検査室に置いていた10キロの金属酸素ボンベがMRI機器に吸い込まれ、患者の頭と胸を挟んだことが死因だという。日本でも報じられ、衝撃が走ったこの事故からも垣間見える韓国の医療事情について、現地在住・羽田真代氏がレポートする。...

記事全文を読む