ヤクルトの「内川残留問題」、大物はクビにしづらく優勝争いの最中に登録抹消で「もっとチャンスを」とイライラを募らせて

スポーツ 野球 2021年10月26日

  • ブックマーク

5番で迎えた開幕戦

 プロ野球はペナントレース最終盤を迎え、大物選手の引き際に関するニュースが聞こえ始めた。巨人の亀井善行外野手(39)は引退、西武の内海哲也投手(39)は残留と報じられたが、その一方で、ヤクルトの内川聖一内野手(39)の去就は明らかになっていない。球団内には「活躍できていないとはいえ、ビッグネームはクビにしづらい」というプレッシャーがあるようだ。...

記事全文を読む