「河井克行元法相」が到底承服できなかったはずの実刑を受け入れ、収監を選んだ理由とは?

国内 政治 2021年10月25日

  • ブックマーク

買収のため「約2900万円を提供した」と認定

 2019年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、地元県議らに現金を配ったとして公職選挙法違反(買収など)に問われ、第1審で実刑判決を受けた河井克行元法相(58)が控訴を取り下げた。これで懲役3年、追徴金130万円の東京地裁判決が確定した。今年6月に実刑判決を受けた後、「到底承服できない」と即日控訴していたところからの心変わりの背景に一体何があったのか?...

記事全文を読む