日大の田中理事長に捜査の手が伸びるか 独裁体制を許す学校法人の構造的問題点

国内 社会 2021年10月12日掲載

  • ブックマーク

捜査関係者の間で「疑惑のデパート」

 日本大学の医学部付属板橋病院の建て替え工事を巡る背任容疑事件で、日大の井ノ口忠男理事(64)と大阪市の医療法人「錦秀会」の藪本雅巳・前理事長(61)が10月7日、東京地検特捜部に逮捕された。特捜部は9月8、9日に日大の本部や子会社の「日本大学事業部」(世田谷区、以下日大事業部)、田中英寿理事長の自宅や理事長室、錦秀会の関係会社などを一斉捜索していた。強制捜査から1カ月、2人の逮捕に至ったが、捜査関係者の間で「疑惑のデパート」と言われる日大の不正問題は、今後、大学のトップである理事長にまで捜査の手は及ぶのか、と注目されている。...

記事全文を読む