来年はデルタ株かカッパ株か 感染症の流行が「予測」される仕組みを解説

国内 社会 2021年10月8日掲載

  • ブックマーク

 新型コロナウイルスのワクチン接種完了率が国民の過半数に達した。官邸の公表するデータによれば10月6日時点で接種完了率が62.7%となり、国民の三分の二近くとなった。

 季節性インフルエンザと同じように、ウイルスの動きが活性化する秋口に国民が一斉にワクチン接種する、いわゆる「ウィズコロナ時代」が始まりつつあるといっていい。これからは毎年秋に、新型コロナウイルス対策としてファイザーを接種する人もいれば、モデルナを接種する人もいるという状況になるだろう。「ワクチン敗戦」が繰り返されないためにも、国産ワクチンの巻き返しにも期待したい。...

記事全文を読む