韓国が最も恐れる「高市首相」の実現 反日教授が「礼儀知らずで無礼」「日本の首相がいくらあがいたところで…」と配信した警告文の中身

国際 韓国・北朝鮮 2021年10月01日

  • ブックマーク

「これ以上、構造物は造らせない」発言に噛みついて

 自民党総裁選の第1回投票において議員票で2位、全体では188票を獲得し、泡沫と言われた当初に比べて大きな存在感を見せつけた高市早苗前総務相。今後、日本初の女性首相への期待感も相まって、幅広い支持を集めていくことも予想される。外交政策においては、とりわけ韓国に対して毅然とした態度を取ることを宣言しており、韓国が最も恐れる首相候補でもある。そんな彼女に、反日教授こと韓国・誠信女子大学の徐坰徳(ソ・ギョンドク)氏が、自身のSNSで警告文を配信した。韓国在住、羽田真代氏のレポート。

 事の発端は、高市氏が今月25日に兵庫県議会とオンライン会議を行った際に、韓国が不法占拠する島根県・竹島に「これ以上、構造物は造らせない」と強調したことだった。これを徐氏が問題視したのだ。

 徐氏は27日、自身のフェイスブックとインスタグラムに高市氏に向けた警告文を掲載した。

「日本の次期首相を選ぶ自民党総裁選挙に出馬した高市早苗元総務大臣がまた妄言を吐いた」と切り出したうえで、高市氏の発言を引用した後、「日本政府は韓国が現在、実効支配している独島(竹島の韓国名)に追加構造物を設置するのを阻止できない」「いくら極右支持層を固めようと目論んだところで、他国の領土について述べることはあまりにも礼儀知らずで無礼なことだ」と訴えている。

「真っ先に独島に駆けつけて構造物を設置しなくては」

 さらに徐氏のテンションは上がり、こう綴っている。

「高市氏が首相になれば、真っ先に独島に駆けつけて構造物を設置しなくては」
「日本の首相がいくらあがいたところでどうにもできないということを、全世界の人々に見せつける良い機会になるかもしれない」
「とにかく、高市前総務大臣!言葉にお気をつけください!後に大きな災いに見舞われることになるかもしれません~^^」

当然ながら、彼のフォロワーからは反日コメントが寄せられた。

「どの候補者が首相になっても、独島に少女像を設置するべきだ」「私たちの美しい独島に構造物を設置するために募金をしてください。教授~♡」「教授の考えは本当に素晴らしい!」「パスポートがなければ独島にすら行けない日本人が何をぬかすのか」「そろそろ私たちは対馬に行かなければならないんじゃないか?」等々。

一方、日本でも徐氏によるこの警告文は報じられている。ただしこれを見た日本人からのコメントは韓国と比べると冷静なトーンのほうが多いようにも見える。

「韓国に厳しい対応を取る政治家が首相になれば災いを呼ぶのは韓国の方だ。韓国が日本に対して強硬な態度に出れば、韓国の衰退に直結することになる」
「反日無罪を主張する韓国に経済制裁の鉄槌を下していただきたい。それができるのは高市さんだけだ」
「徐教授は自分で竹島を『実効支配している』と述べているが、これは竹島は韓国の領土ではないことを認めていることになる」

次ページ:朝日新聞を国会に招致し、河野談話を破棄する

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]