「黒田日銀総裁」在任歴代最長で問われる「物価上昇目標2%」を達成できない理由とは?

ビジネス 2021年10月1日掲載

  • ブックマーク

「法王」と「池田勇人と同期」の二人を超えて

 日本銀行の黒田東彦総裁(76)の在任期間が9月29日で3116日を迎え、歴代最長となる。「黒田バズーカ」発射から8年半が経過。物価上昇率2%を2年程度で実現する目標を掲げながら、いまだに公約は果たされていない。

 日銀総裁の任期は5年間で再任が可能で、黒田氏以前に再任されたことがあるのは2人だけだ。一人は一萬田尚登で、戦後間もない時期に8年半にわたって総裁を務めた。戦後の経済復興期に、金融政策の実権を握っていた日銀はローマ教皇庁にも例えられ、一萬田は「法王」とも呼ばれた。...

記事全文を読む