苦しい巨人の起爆剤、新外国人「ハイネマン」に過度な期待は禁物【柴田勲のセブンアイズ】

スポーツ 野球 2021年09月14日

  • ブックマーク

手先だけで打っている

 首の皮一枚というより首の皮三枚つながったと言ってもいい。巨人が12日の広島戦(マツダ)で10試合ぶりに勝利した。先発したエース・菅野智之が中4日の先発で広島打線を7回1失点に抑えれば、女房役の小林誠司が決勝弾を放ち1点差で逃げ切った。...

記事全文を読む