「TOKYO MER」最終回 喜多見幸太だけではない究極の偽悪者「音羽尚」の面白さ

エンタメ 芸能 2021年9月12日掲載

  • ブックマーク

 7月期ドラマで一、二を争う高視聴率を記録している「日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』」(日曜午後9時)が9月12日に最終回を迎える。どうして大当たりしたのかというと、主人公の凄腕医師・喜多見幸太に扮した鈴木亮平(38)ら出演陣の演技も良いが、黒岩勉氏(48)による脚本が出色だからにほかならない。...

記事全文を読む