「娘の心臓を握っていた」…3人死亡・7人重軽症「京都・亀岡暴走事故」 加害少年が9月出所で娘を亡くした父親の告白(前編)

国内 社会 2021年9月9日掲載

  • ブックマーク

「復讐心は消えることはない」

 2012年4月、京都府亀岡市内で登校中の児童と引率の保護者の列に軽自動車が突っ込んだ事件では、3人が死亡、7人が重軽傷を負った。軽自動車のハンドルを握っていたのは18歳の無免許の少年。居眠り運転だった。少年はその後、不定期刑が下って服役していたが、この9月中に満期出所する。子供に付き添っていた娘・幸姫(ゆきひ)さん(享年26)とお腹の中にいた7カ月の孫を一瞬にして亡くした中江美則さん(58)が、様々な無念を語る。...

記事全文を読む