弘中綾香アナ、コロナ禍に男友達と「宅飲み“密”パーティー」 テレ朝は本人を注意

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 黒いミニのワンピース姿で男性に挟まれ楽しそうなこの女性は、テレビ朝日のエース・弘中綾香アナウンサー(30)だ。この日は左横でケーキを持つ男性の誕生パーティー。男性は、弘中アナの慶應大学時代の同窓生で、現在は日本テレビに勤めているという。

 テーブルの上にはウイスキーのボトルが置かれている。平時であれば、何気ない日常の一コマでしかないが、この写真が仲間内しか見られない非公開のSNSアカウントから投稿されたのは、緊急事態宣言下の8月22日。東京都では、連日4千人を超える新型コロナウイルス感染者が確認され、テレビ朝日でも、番組内で感染対策の徹底を呼び掛けていた。とはいえ、4人程度の宅飲みなら、本来、目くじらを立てることもあるまい。問題は彼女がテレ朝の局員だということ。

 テレビ局関係者によると、

「今年3月には、『サンデーLIVE!!』のスタッフが飲食を伴う送別会をして、コロナに感染。先月には、五輪を担当したスタッフがカラオケ店で宴会を開き、うち一人が泥酔した末、転落事故を起こすなど、自粛を無視したバカ騒ぎが続いています。社内では、時間や人数にかかわらず、宴会を禁止するルールを設定していたのですが……」

 テレビ朝日に弘中アナの個人宅での飲み会をについて尋ねてみると、

「今は抑制的であるべきで注意喚起しました」

 自粛呼びかけの裏で開かれた宴会問題により、視聴者から厳しい目が向けられる中、今度は看板アナの宅飲みが発覚。テレ朝も頭が痛いことだろう。

週刊新潮 2021年9月9日号掲載