解散と新人事の目玉は? 「テレビに映る度に内閣支持率を下げ続けた」二階氏が野に放たれて

国内 政治 2021年9月1日掲載

  • ブックマーク

「岸田の乱」が成功

 岸田文雄前政調会長が「総裁を除く党役員は1期1年、連続3期まで」とぶち上げた「成果」は予想以上に早く出たということか。結果、在職5年以上で自民党内から「長すぎる」と顰蹙(ひんしゅく)を買ってきた二階俊博幹事長が交代することになった。「テレビに出るたびに菅内閣の支持率が下がり続ける」とも言われていた二階氏を菅義偉首相が切らざるを得なくなったのは、総裁選や総選挙での勝利がおぼつかなくなったからに他ならない。...

記事全文を読む